×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 Presented By                                         
                                      

               
           Home           technique        application           transaction       purchaser  
                  Menu        |    ホーム   |    ノウハウ書   |  お申し込み  |   特定商取引法   | 購入者の声
http://pachisuro.is-mine.net

T.K. Group Ltd
愛知県一色町中屋敷73番地 



 

 

※このサイトはパチスロでお悩みの方に対して、立ち回りの方法を伝授するサイトです。
攻略法やゴト行為をお探しの方は、絶対に読まないで下さい。

  
攻略法やゴト行為をしなければパチスロは勝てないのか!?
   
     立ち回りだけで収支を上げているプロは存在する。


プロのノウハウを皆様にお伝えすることはできないだろうか!?

        絶対できるはず! そんな思いで作りました!
 




はじめに(〜柴田氏と出会うまで)___________________________________________________________________

この企画は2007年1月から開始されました。
では、なぜ1年も経った今になって公開することになったのか。


別に手を抜いていたわけでは、ありません。
実は取材する人が中々見つからなかったのです。


私たちがこの企画を話し合った時、本当のプロはテレビや雑誌に出るはずもなく、
こっそりホールで稼いでいるに違いないという結論に至りました。


しかし、 パチスロで勝つ人ほど、極力パチンコ屋で目立つのをキライます。

だからリサーチをしていても、誰が本当に勝っているのかを判断するのは難しいのです。


毎日、何百件とホールをリサーチしていると、色々な人たちがいました。
携帯を見ながら打っている人、1枚掛けを繰り返す人、おしぼりでGoGoランプを拭く人。
ゴト行為をしている人にもしょっちゅう会いました。


ホールにはたくさんの人がいて、チェックしないといけない人数は一日5000人を軽く超えていました。
「こんなので、本当に見つけられるのかな」と当初は不安ばかりでした。


そんな中、動きが見えてきたのが1ヶ月目。
スタッフのS君が別件の会議終了後に、こんな発言をしたのがきっかけでした。


「そういえば、パチンコ屋のリサーチの件なんですけど、
なんとなく勝っている人がわかってきた気がしませんか?」


そうです。この企画に参加している5人も同じようなことを思っていました。
なんとなくですが、パチスロで勝っている人が少しづつ絞れてきていたのです。


別件の会議を終えた後、この件についての戦略会議を開き今後の方針を以下にしました。


戦略1; パチンコ屋のリサーチをあと半年行う。
戦略2; 半年後、絞れてきた人の身体的特徴を細かく明記し、その人の収支データをつける。

※戦略2の例
 特徴  ホール名 収支 
身長175cm、体重65kg、男、短髪、色黒、メガネ、
右目の上にほくろ、羽賀賢治似。
左手にレバーだこ有。メダルを3枚づつ入れる癖あり。
スロベガス   約2000枚


戦略1を毎日繰り返すことにより、「あの人また勝ってるなー」とか
「あの人今日はこの店に来てるんだー」などがだんだんと見えてきます。
そして、戦略2で絞り込む。


2007年7月、戦略1を終え、各自の持ちホールのデータを元に戦略2に進むことになったのが63名。
そして翌日からその63名の収支表を手分けして付け始めました。


そして、去年の12月末、約6か月分データをまとめ、それをもとにスタッフと会議を行いました。
目的は、だれに絞り込むか。


と、その前に、このデータを元に面白いことがわかったので下記にまとめます。


1、上位入賞者は、多店舗を渡り歩く放浪者型か、2〜3店舗を集中的に攻めるこだわり型の2種類
しかいないこと。
2、上位入賞者は、時間帯にかかわらず収支があげれていること。
3、上位入賞者の多くは投資額が2万円を超えることはまずないこと。


この結果をどうとらえるかは個人の自由ですが、特に3はデータをつけてみて初めてわかりました。
この投資額ですが、下位入賞者は投資額がかさんでいるのですが、上位入賞者はかさんでいません。
私自身も観察していて思ったのですが、どんどん投資する人は安定した収支を得れていないのではと
思ったことがありましたので、その結果がここいうところでわかるんだと思います。


さて、本題の誰に絞り込むかということですが。まず重視したのが、収支のトータル。
(1位から7位までは月間収支約50万円、33位までは月30万円を超えていました)。

次に重視したのがバランスの良さ。このバランスは要は何戦何勝かということです。

そして重複度。上位入賞者は結構皆さん同じようなことをしています。立ち回りの仕方や打ち方。
優良イベントの時は戦略2に進んだ人の3名が同じホールにいるということも多々あります。


そして、上記を元に、最後の決め手となったのが一般人の方々でも実践できるであろうという事。
それを元に3名に絞りました。そして第一候補となった人への交渉スタートです。ちなみにこれが柴田氏です。


柴田氏は、月間収支約45万円、放浪者型ですが、勝負ホールは半径10KMほどのエリアを
攻めるタイプ。攻略法やゴト行為をしていないことは確実。 埼玉県の某市に住んでおられる男性です。


取材交渉では私が柴田氏にお会いさせていただいたのですが、正直にお話させていただきました。
パチンコ屋のリサーチをずっと行い、そこで的を絞った人たちの収支表を付けていたこと、そして会議
の結果、柴田氏を第一候補に選んでいること。柴田氏はどうしようかと悩んでおられましたが、最後にインターネットの販売のみならばOKをいただきました。


それがこのノウハウ書になったわけです。


編集し終え、率直な意見を皆様にお伝えしたいと思います。
本誌に早く出会いたかった。。。
これは本心です。


もともと柴田氏は完全なる理論派スロッターです。
その理論はすさまじいものでした。


余談ですが、柴田氏は貿易関係のお仕事も並行しておられます。
だから英語はペラペラです。


柴田氏の流暢な英語を聞いた時、私は直観しました。
頭のいい人は、何をやってもできるんだ。と
3流大学出の私とは大違いですね。


ま、いろいろありましたが、これがノウハウ書を手掛けるまでの流れとなったわけです。


また、柴田氏のプロフィール(海外でのおもしろ体験をかなりお持ちです)や、
ホールリサーチ中に出会ったゴトの数々などをサイトにアップしていければなと思います。
柴田氏のプロフィールは今後海外に出たいと考えている若者に、ゴト行為の数々はホール関係者に読んでもらえたらと思います。


追記; このページに載せていた購入者の声は、数が増えたため新しいページを設置しました。




⇒ 
柴田氏のノウハウ書にに飛ぶ方はコチラ


⇒ お申し込みの方はコチラ


⇒ 購入者の声を見てみたい方はコチラ



TOPへ戻る


Copyright c2006 http://pachisuro.is-mine.net All Rights Reserved.